磨きをかけると価値が上がる?高く売るための古銭の管理方法

錆を防ぐのは大切です

古銭で注意しなければいけないのは保管方法で、もし袋などに入れずそのまま置いておいたら時間の経過と共に錆びてしまいます。もし錆びてしまうとマニアからの需要も少なくなり高値で売れないかもしれません。なので必ず気密性の高い袋などに入れて錆を防ぐ必要があります。残念ながら、古銭は随分と前に製造されているので類まれなるコーティング技術が生かされている訳ではありません。現在の硬貨と同様に扱っていると、気付かない内にどんどん劣化してしまって文字も読み取れないほどボロボロになることがあります。 湿気を防ぐのはもちろん、錆を防ぐ液体を染み込ませた布で定期的に拭くなどすればある程度錆を防げます。一回や二回ではなく継続してケアすることが大切です。

過剰なケアも考えもの!?

古銭の魅力をどこに感じるかは人それぞれ違います。単に古銭であれば状態は問わないという方を筆頭に、とにかく綺麗な古銭、逆に古銭らしさが全面に出た古びた感じが好きという方もいます。なので、古銭の劣化を防ぐ為に毎日ピカピカに磨いていると、古銭らしさが失われてしまい味気なくなってしまいます。今よりずっと前に製造されたので、古びているのはむしろ当然なのです。物を売る時は服でも装飾品でもキレイな方がより高値になるので、同様に古銭もキレイであるべきだと考えがちですが、決してそうではないという認識が大切です。錆などの完全に不要なものだけを取り除けば良いのです。 古銭を売る時は、そのお店が何を求めているか注意して、欲しているものを売ると高値がつきやすいです。