どんな古銭が高く売れるの?

発行枚数が少なかったり、綺麗な状態だと高くなる

古銭の価値を決める要因は色々とありますが、発行枚数が少ない古銭は比較的高額になってくることがあります。社会的な要因で、発行枚数が極端に少ない昭和62年の50円玉などは数千円以上もの価格で取引をされています。それと同じで、昔の古銭も発行枚数が多いものよりも少ないほうが査定してもらった時に高額となります。 また、もうひとつ高く売れる古銭としては、綺麗な状態のものがあります。古銭は何年、何十年も昔のお金ですので経年劣化をしてしまったり、錆びついてしまったりすることは多いです。ですので、大切に保管してあり、綺麗な状態を保っている古銭はそれだけで価値が高くなってくる傾向にあります。古銭を持っているという方は、大切に保管をして価値が下がらないように、高く売れるようにしましょう。

素材に金や銀を使っているものは高額になる

小判等の素材に金などを使っているものは、相対的に買取価格は高くなってきます。また、金を使っている古銭は、金の相場によって買取金額が変わってくるケースもあるので、高く売りたい、査定金額を高くしたい方は金の相場が高い時に古銭を売却するというのも良いでしょう。古銭としての価値は無くても、素材自体に価値がある古銭は高値を期待できます。 ちなみに高く売れる古銭だったとしても、買い取り店選びに失敗をすると査定金額が安くなることもあるので、買い取りしてもらう時には、高く売れる古銭を持って行くことに加えてお店選びも入念にしていくことが大切となります。高く売れる古銭を持っている方は、お店選びをして適正価格を付けてもらいましょう。