古銭買取ってどんなところをじっくり見られるの?

未使用品かどうかで価値は大きく変わる

古銭の場合、まったく同じ種類のものであっても買取価格が違ってくることはよくあります。では、具体的にどのような部分をチェックされるのでしょうか。 まず、使用されたものか否かというのがかなり重要になってきます。特に紙幣の場合は見れば誰にでも判断がつく分、未使用品、つまりピン札の価値は高いです。古銭の買取価格のランク表に書かれている値段は、基本的にすべて未使用品を前提にしたものと考えていいでしょう。ただ、昭和時代に流通したものではなく、もっと古いお金、たとえば江戸時代の小判などの場合は時代による経年劣化で使われたものなのか、未使用品なのかという判断は難しいので、その辺を厳密にチェックされることはあまりありません。

硬貨の場合は彫刻の具合をチェックされる

硬貨の場合、彫刻の部分は必ずチェックされます。というのは、硬貨には贋作が存在していて、贋作の場合は彫刻の作りが本物よりも稚拙だからです。ただ、すかしや紙質など、様々な方法で偽札と区別できるようにしている紙幣と比べて、硬貨の場合は本物と比べると重さや彫刻の出来といった部分で判断するしかありません。そのため、両方とも完璧なものを作られてしまうと、古銭ショップの専門家であっても見破れないことがあるんですね。 安土桃山時代以降に作られた大判という、小判よりも大きな金貨の場合、表に墨で字が書かれていますが、これをチェックされます。書かれた当初の墨が綺麗にそのまま残っている状態だと価値が高くなり、後世の人によって書き直されている場合は価値が下がります。