あなたの家にも眠っているかも?古銭で臨時収入!

家の中を整理していた時に大量の古銭が

物を集めることが趣味と言う人は多くいます。切手や古銭と言うのは現在ではブームが低迷していますが、昔から集めていた人がそのままにしていたり、両親や祖父母などが他界した後、遺品整理をしていたら古銭が沢山出て来たというケースも在ります。 古銭の中には江戸時代に流通されていた寛永通宝や天保通宝、丁銀や豆板銀、一分銀や二朱銀などの古金銀、時代劇などで目にする事が多い大判・小判は江戸古銭と呼ばれています。 また、大判・小判と言っても種類は多種であり、天正大判金や慶長大判金と言うのは古銭の中でも超プレミアがついているものであり、このような古銭が見つかった場合などでは、専門店に持ち込むことで古銭に精通した鑑定士による査定を受けることが出来ます。

一攫千金となる事も在る古銭

江戸時代の大判・小判は買取り価格が数百万円から数千万円になるものも存在しており、このような古銭が見つかった場合には一攫千金も夢では無くなります。また、お金なのかそれともガラクタなのかと言った具合に、素人の人では解り難い古銭に天保丁銀や天保豆板銀が在ります。 天保丁銀は長細い形をしている貨幣で、天保豆板銀はいびつな形をしている豆状の貨幣です。 天保8年から安政5年(1837年から1858年)頃に流通されていたもので、古銭買取り店の鑑定士が見る事でその価値を見い出だして貰う事が出来ます。 また、明治から大正、昭和初期頃に発行された近代貨幣なども価値が在るものが多く在り、お店に持ち込むことで1つ1つ丁寧に査定をして貰えます。